ヘナ・ヘアセット・着付け・電子トリートメント大好き駒沢大学駅1分美容室ミーナ店長のブログ

40代から始める抜け毛・細毛の対策

40代から始める抜け毛・細毛の対策

40代に突入してから「ボリュームがなくなった」とか「髪の束が細くなった気がする」「分け目がぺちゃんこになってきたみたい」などと何だか抜け毛に敏感になったことってありませんか?

これは何が原因かというのは割とはっきりしています。その原因というのは栄養の偏り、栄養不足、血流の悪さなんですよ。

髪は身体同様、口から摂取したものによって大きく影響されるのでまずは食事から気を付けましょう。

 

髪の毛が生えているのは地肌

髪が生えているのは当然ながら地肌(頭皮)ですよね。血液によってタンパク質はこの地肌にある毛穴の中にある毛乳頭に運ばれて髪は作られます。

という事は、血液がドロドロ状態だと効率よく毛乳頭までこの大切な栄養を届ける事はできないのです。

そして、血流が悪いと頭皮が硬くなり地肌が痩せて髪がしっかり根付くこともできなくなってしまってますます悪循環になり、抜け毛・細毛を加速させてしまう可能性があります。

 

髪をいつまでも丈夫に保つ為の傾向と対策

髪は生活習慣やストレスによって大きな影響を受けます。まずは一つずつ生活習慣を見直す事が大切です。逆を言えば、いい生活習慣を身につけ、健康な身体づくりができていれば髪もまたいい状態を保ち続ける事ができるんです。

食生活を見直す

これはいつまでも健康であり続ける為にも大切なことですよね。将来、心不全や脳梗塞、高血圧、糖尿病などにならないように危なくなってか手を打つのではなく、日ごろからコツコツ気を付けることで防げます。

ジャンクな物は極力避ける、お酒もほどほどに、和食中心を心がける。40代はこれくらいでも十分効果はあるでしょう。

頭皮マッサージをする

これは、血流をよくする為です。食事で摂ったタンパク質をちゃんと髪の生まれる所である毛母細胞にしっかり届けてもらうのが血流。これが滞ると効率よく栄養が届いて髪の素になってくれません。

また、現代社会ではパソコンやスマホを見る時間がどうしても多く疲れ目から頭皮を硬くしてしまいます。そうするとまた血流が悪くなってしまうので髪の為にもよくありません。

特別な事はしなくても、毎日のシャンプーのついでに頭皮を引き上げてあげたり、「ぼんのくぼ」といわれる襟足中央のへっこんでる所や、その両脇にある同じくへっこんでいる所を押してあげるでけでも十分効果はあります。

シャンプーのついでにベッドマッサージ。頭を掴んで頭皮ごとグゥーっと持ち上げましょう。

ぼんのくぼ(襟足の中央辺りのへっこんでいる所)と、その両脇(写真の親指辺り)もゆっくりグゥーっと押してみましょう。(押しすぎ注意です)

 

地肌(頭皮)を清潔に保つ

みなさん毎日シャンプーをしていますよね?では、その毎日やっている事は合っていますか?

シャンプーとは「髪をあらう」のがメインの目的ではなく、「地肌を洗う」事なんです。

「髪を○○から守る△△成分配合」とか「髪のうねりを解消するシャンプー」なんて謳い文句の商品がたくさんありますが、正しく地肌が洗えている事が大前提なんです。

正しいシャンプーができていないと、逆に地肌に汚れが残ったままになってしまったり、毛穴詰まりをおこしたり、地肌を傷つけてしまったりして、健康な髪が生えるのを阻害してしまう恐れがあります。

なので、正しいやり方で地肌を清潔に保つことを心がければ髪はのびのびと生えてくるんです。まずは、泡立てたシャンプーで「地肌を洗う」事!そして、付けたシャンプーは洗っている時間の2倍の時間をかけてすすぐ事!コンディショナーは髪だけに付ける事!という3つの事を意識するところから始めてくださいね。

 

40代から気を付けるべき点はこの3個。何も特別な事はありません。日々できることからの積み重ねが10年後・20年後に差が出てきます。みんなでコツコツ頑張って上手に歳を重ねて行きましょう!

中村 めぐみ by
田園都市線 駒沢大学駅徒歩1分 美容室ミーナ 「mi-na produced by Tominaga」 店長。ヘナ・ヘアセット(アップスタイル)が得意。JHOヘナリスト/1級着付け技能士。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です