ヘナ・ヘアセット・着付け・電子トリートメント大好き駒沢大学駅1分美容室ミーナ店長のブログ

ヘナの基礎知識

ヘナの基礎知識

ヘナっていうとどんな話を聞いた事ありますか?

「オレンジ色になるのよね」
「真っ黒になるんじゃない?」
「髪にいいんでしょ?」

なんていう意見が多く、ヘナって髪にいいと聞いたことはあっても何がいいのか、どういいのかが分からないといった声を聞きます。そこで、ヘナって何?を解決するためにヘナの効果やヘナの特徴をわかりやすく説明します。そんな聞いたことあるけどイマイチ分からないヘナの基本的な事をお話ししようと思います。

 

ヘナって何?

ヘナというのは、商品名であり原料の名前でもあります。

日本名では「ミソハギ科 指甲花(シコウカ)」といい、主に南アジアや中東諸国に生育する植物です。

このヘナの葉を乾燥させて粉にしたものを『ヘナ』として使っています。

ヘナをすると白髪がオレンジ色になるのは、ヘナの葉の主成分である「ローソニア」に橙色の色素が含まれ、髪の主成分である「ケラチン」というタンパク質に絡みつく為に染色効果が生まれるからです。

オレンジ色の部分は白髪です。

 

 

ヘナの種類

ヘナには大きく分けて3種類あります。

  • ナチュラルヘナ ・・・ヘナのみ
  • 天然100%ヘナ ・・・ヘナにハーブが混ぜられています。これによりオレンジじゃない色になります。
  • ジアミン入りヘナ ・・・原料はヘナですが、ジアミンという染料が入っている為カラーでかぶれる方には使用できません。

この中でおすすめはやはり「ナチュラルヘナ」と「天然100%ヘナ」です。この2種類はカラーリングでトラブルが起きた方でも安心してやって頂けます。(必ずパッチテストを行ってください)

 

ヘナの効果

ヘナは初めに書いたように髪のケラチンタンパクに絡みつくという性質があるため、髪の表面を覆うようにコーティングしてくれます。これにより、

  • ハリが出る
  • ツヤが出る
  • クセ毛が落ち着く

といったような効果があり、ヘナはトリートメントとしてとても髪にいいのです。

また、ヘナを頭皮にもたっぷりと塗る事により、施術後のシャンプーをした時に毛穴の汚れや余分な皮脂も取り除いてくれるため頭皮ケアにも有効です。

それに、外出が多い方には日焼け(紫外線)から髪を守ってくれるし、カラーリングの繰り返しで髪がバサバサになってしまった方には荒れたキューティクルも覆われてツヤも復活します。

 

ヘナの特徴

元々はトリートメントとして用いられているため、「白髪染め」や「カラー剤」とは全く違います。

なので、ヘナは色が出るといっても染毛のように髪の内部に色を入れるのではなく、”オレンジ色の色素を持つヘナが髪のケラチン絡みついて髪の表面に色が重なる”という表現の方が合っているんです。

そのため、発色するのは白髪のみで黒髪は黒いままです。白髪の少ない人はあまり変化はみられません。

 ビフォー

 アフター

 

ミーナで取り扱ってる『ジャパンヘナ』では、このナチュラルヘナの他にもハーブを混ぜた天然100%ヘナがあり、オレンジ色に抵抗がある方や白髪を暗めにしたい方、明るめのカラーリングの色をあまり変えずにムラをなくしたい方にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

↓↓ヘナギャラリーではたくさんの施術例が載っています↓↓

ヘナギャラリーはこちら

 

ヘナはこんな方に向いている

  • 白髪染めの繰り返しで髪のダメージが激しい方
  • 髪をいたわりながら白髪を目立たなくさせたい方
  • 白髪染めに抵抗のある方
  • ブリーチやカラーリングで髪がバサバな方
  • 海や山、ゴルフなどアウトドアが好きで、紫外線によって髪がいたんでる方
  • 髪が細くハリが欲しい方

このようなお悩みが一つでもあれば、ヘナはとても向いていると思います。

 

もっと詳しいことや分からない事があればお電話またはメールにてお気軽にご相談ください。

tel:03-3421-4604

 

中村 めぐみ by
田園都市線 駒沢大学駅徒歩1分 美容室ミーナ 「mi-na produced by Tominaga」 店長。ヘナ・ヘアセット(アップスタイル)が得意。JHOヘナリスト/1級着付け技能士。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です